活動報告

ダウンライト火災とは?

投稿日 2017年1月2日

年末の糸魚川の火災は映像も流れたことから、大変にショッキングな「災害」となりました。

火災の発生時間が日中ということもあり、死者が出なかったことは不幸中の幸いでした。

「酒田の大火」は子どものころの記憶が僅かにあるのですが、我々世代は「新潟大火」も「新潟地震」も経験したわけではありません。

年末に「防災士」の資格を取得させていただいたこともあり、少し新潟市の火災状況について調べてみることにいたしました。

1.平成28年の本市火災状況

新潟市ホームページより

12月15日までの火災件数は132件。火災原因は一番がやはり「放火」で20件。その後「こんろ」、「たばこ」、「電気関係」と続きます。

火災による死者は14名。うち6名が自殺となっています。

2日強に1回、火災が発生しているという計算となります。これは他都市と比較すると実は「大変いい成績」なのです。

2.平成23年からの火災状況

新潟市ホームページより

火災件数は平成26年が160件と近年のピークがあります。平成27年は125件。残念ながら平成28年は件数、死者ともに昨年を超えてしまいました。

火災原因について、特にこれという特徴は見当たらないのですが、ちょっと気になるのは「配線」が原因となっている火災が平成28年は多くなったこと、これについては日頃のメンテナンス状況が気になります。

3.最近の傾向を考える

火災の一番の原因はどの年も「放火」が一番となっています。

毎年10~20件程度の火災の原因が「放火」というのはちょっと残念ですが、これが現実なのでしょう。

この対応は日頃の地域の見守りが一番大切なのでしょうか。

私は建築出身ですので、配線関係の老朽化を原因とする火災、そして何よりも「減災」に向けた備えが気にかかるところです。今年は、特にその状況を確認させていただくことと、少しでも啓発のお役立てができれば考えています。

気になる記事がありましたのでご覧ください。

毎日新聞より

 

読売新聞16.11.6

 

情報があれば「防げる」災害もあると思います。

特に、新しい家は「ダウンライト」をふんだんに使っています。

ちょっと確認してみてください。

 

議会報告

市政報告PDF一覧

配布資料ダウンロード

配布資料ダウンロード
障害当事者がアクセシビリティチェックをしています
この製品は障害者が制作に関わっています

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。田村,たむら,要介,ようすけ,田村要介,たむらようすけ, 田村ようすけ