活動報告

9月議会 一般質問

投稿日 2015年9月19日

多くの皆さまからの応援、本当に有難うございました。わざわざ足を運んでくれた方もいらっしゃいました。インターネット中継をご覧いただいた方から、ご連絡もいただきました。本当にありがたい。心より感謝申し上げます。

さて、今回の一般質問。前の議員の質問が短めだったということもあり、13時10分からのスタートとなってしまいました。今回の一般質問は、人口減少対策、それに伴う地方創生に向けた総合戦略の素案の内容についてを中心として1時間の討論。

今の皆さんの関心は、BRTに集まっています。そのこと自体は、当然だと思いますが、BRTについては「私の考え」で主張させていただいたとおり、今はここに持ち込むべきものではないと判断しています。

我々は先々を読んでその方向性を確認、意見、議論していくべきである。個別の目先の不具合の改善や、問題点の対処についてはできる限り議会に持ち込まず、それ以外の時間で対応する。私はそうありたいのです。

でも新聞に取り上げられるのはBRTばかりなり。少し残念ですね。

DSC_0791

DSC_0791

今回は人口ビジョン、地方創生関連予算獲得に対する新潟市の施策案が上がってきたわけですから、それを聞かないでどうするんだ。という私の気概もこめて、質問の中心とさせていただきました。

というのは、この素案内容をはっきり見たのは1週間前くらいなのですから。資料を読み込むこともなかなか難しい。

議会はそう、少し軽視されてるな。ということをこういうところでも感じます。この施策は10月に提出するわけですから、この議会中に議論しなければいけないんです。現実的ではないですね。どう騒いでも、それほど変化するものでもない。

正直言えば、我々もその施策作成過程に踏み込みたい。そうしたい。伊藤議員とも話をさせてもらいました。やはり政策集団を別に作り、案を行政にぶつけるべきだ。

どうしても個々対応では限界はあります。今後の課題です。

かみさんが夜なべして作ってくれた対比表です。行政側から、こういう他と対比した辛辣な数値の出しかたはしてきません。でもこうしなければ、今の置かれている新潟の状況が見えてこないのでは?

なんとなくわかりやすいような、わかりにくいような独特のグラフを見せられて、悪く言えば、ごまかされてしまうのです。

だから議会上であえて私は数値を出すんです。行政に向けてではなく、皆に知ってもらいたいのです。

人口問題については、とにかく新潟の数値が悪すぎる。状況は深刻だと思います。この状況を皆さんで共有することが、一番大事なんだと思います。悪いものは悪い。はっきり示さなければ、伝えなければいけない。会社もそうだけど、これが難しいんですよね。

私は何やってたんだなどと攻めるつもりも言うつもりもありません。

議員となり4ヶ月め。役所の体質の一番悪さ加減を感じるのはその辺です。反面、良さを感じるのは、優秀な職員がいっぱいいるんだ。ということ。同じベクトルに皆さんが向けば、この問題についても改善していくはずです。と前向きに書きながら、不安でもある。というのが私の今の本音でしょうか。

質問内容、答弁については後日インターネットで掲示されますので、よろしければご覧ください。

とにかく、なんか地方創生に対する行政の反応がいまいちなのです。自民党も旗だけ振っているのでは、駄目なのです。本腰をあげて地方の創生に取り組まなければ。それがどうも見透かされてるような。

答えははっきりでてきます。予算の配分を見れば国の気概がわかるはずです。

あすからはシルバーウィークです。議会中は遠くへは行くことは禁じられていますので、少しゆっくりと。委員会が始まっていますので、資料に目を通しておこうと思っています。

皆さまもゆっくりとよきお休みを。有難うございました。                    田村要介

公式ブログを立ち上げました。 右にあるこの写真をクリックしてみてください。

キャプチャ

議会報告

市政報告PDF一覧

配布資料ダウンロード

配布資料ダウンロード
障害当事者がアクセシビリティチェックをしています
この製品は障害者が制作に関わっています

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。田村,たむら,要介,ようすけ,田村要介,たむらようすけ, 田村ようすけ