活動報告

【私の考え】安全保障関連法案について

投稿日 2015年9月12日

BRTに触れて、新米とはいえ、政治家としてこれに触れないわけにはいきません。
これも皆さんに批判をあびることを覚悟して書きます。

備えと抑止をどこまで考えるのか。考えなくてはならないのか。

今回のように、災害や、有事が起きると気がつくことがあります。
例えが適切ではありませんが、答えは「実際に起きた時」いや、「なったとしても」解らないのかもしれません。

「沈黙の艦隊」という漫画をご存じでしょうか。学生のころだったか。私はかじりついて読んでいました。
川口かいじ先生のあの発想はすごい。私は今でも漫画の域を超えていると思っています。
筋書きを書いてしまうと怒られてしまいますので、興味がある方は是非お読みください。
海江田艦長の志は、最後の最後までわかりませんでした。

私も当然に戦争は嫌です。でも世界ではそれが起きているという現実がある。
国家間という我々の力ではどうしようもない部分で、私はやはり今はできる限りの協力が必要なんだと思っています。
「もしも、自分の子供が当事者となった時、君はぶれないのですか?」
もし、問われたら、「世界の平和、日本の平和のために覚悟はある」とお応えできる政治家でありたいと思いますし、市議会議員であろうと、賛成する以上、そうでなければいけないんだと思います。

でも、それが絶対に起きないように。私も信じています。

議会報告

市政報告PDF一覧

配布資料ダウンロード

配布資料ダウンロード
障害当事者がアクセシビリティチェックをしています
この製品は障害者が制作に関わっています

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。田村,たむら,要介,ようすけ,田村要介,たむらようすけ, 田村ようすけ